雑記帳

数奇な運命をたどる、娘の前歯の話【コロナ禍に歯医者】

先日、娘が雄叫びをあげながら突如号泣を始めた。

「うぎゃ〜〜!

前歯取れた〜〜〜!!!」

またやってしまったか・・・

前歯はコレで3回目。

こんなコロナ禍の中、なんとか掛かり付けの小児歯科に電話をして診察をしてもらいに行くことに・・・トホホ。

数奇な運命をたどる、娘の前歯の話【コロナ禍に歯医者】

娘は2本の前歯、その両方がイッてしまっている。

遡ること、娘が2歳の頃。

下の弟を出産して、母に娘を預けていたとき。

入院中に母から電話があり、緊急かと思って病室を出て電話に出た。

「ブランコにぶつかって前歯が抜けたのよ〜!

でも近くにあった歯医者さんに一緒に公園に来てもらって、抜けた歯を見つけて拾って、くっつけてもらったわ!

とりあえずそういうことだから!」

これを聞いて、なんともガックリと落ち込んだ私・・・

母よ・・・頼むよ・・・

もるえ
もるえ
娘の歯が・・・!まだ大人の歯になるまで何年あるの!?母め・・・!!メラメラ 

 

退院してから娘を引き取りに行くと、なんとも本当に歯はくっついていた

お世話になった歯医者さんに紹介状を書いてもらいに行き、話を聞くと

「30分以内につけたので、歯がつながりました」

もるえ
もるえ
え〜!ありがとうございます!!人間てすごい! 

 

不幸中の幸い。

どうやらすぐに対処したので、歯が蘇生したらしい。すごい人間って・・・!

しかし、やはり神経は死んでいる

4歳ごろには徐々に歯の色が黒ずんできて、前歯の1本だけお歯黒状態に。

定期健診で歯医者さんに見せにいった時、

「歯茎部分に膿が溜まっているので、歯の裏に穴を開けて消毒薬を注入する処置をしばらく続けましょう」

と言われる。

これが6回ぐらいかかって、暴れる娘を押さえつけてめっちゃ毎回大変だった!!

歯医者へ行くまでも大泣き。

毎回立てこもり犯との交渉のごとく、長い時間かけて説得して連れていったのだ。

ついにそんな処置も最終回を終え、歯医者最後の日。


ありがとう!先生!頑張ったね!私たち!

晴れ晴れとした気持ちで歯医者を後に。


「ママ〜、帰る前にこの滑り台で遊ばせて〜!」

娘と息子、小児歯科にある滑り台で遊ぶと言い出す。


「しばらく来ないから、10分だけなら遊んでいいよ〜!」

コレが運の尽きだった。

 

娘が弟が滑り切らないうちに、勢いよく滑ったもんだ。


ガッチ〜ン!!!

 

なんと・・・生き残っていたもう1つの前歯が半分折れた

歯医者で歯を折るという痛恨の一撃をかました。

急いでそのまま処置室へ・・・・


そんな人いるの??

弟はぶつかった衝撃で鼻血ダラダラ、テッシュで押さえながら姉の処置を眺める。

折れた歯を拾って、特殊なボンドでくっつけてもらった。

あれから1年後、このコロナ禍の中、予約して小児歯科へ・・・

まさか、自分で鉛筆を歯にねじり当ててまた歯を折るとは・・・

・・・もう笑うしかない。

どうやら、7歳ごろまで前歯にはお役目があるらしい。

無理に抜いてしまうと歯並び影響があるとか。

まだ5歳、あと2年。

脱臼した歯と、2度も欠けた歯よ。

がんばってくれ〜!!

 

余談:卒業できない娘の指なめ。

赤ちゃんの頃から、指なめが辞められない娘。

幼稚園ではサスガに恥ずかしいらしく。

家では指なめ、幼稚園では爪噛みという状態。

指をなめてると歯並びや顎の発達にあまり良くないようで・・・

現在も、おかげで少し出っ歯気味(涙)。

以前Amazonで購入した、指なめ防止のコレ。

体に害はないけど苦いらしくて、何度か寝ている間に爪に塗ったっけ。

そしたら、苦い〜!と泣きながらも指をなめてて失笑。

このままじゃ1瓶なめきるんじゃないの!?と不安になって以来、ご無沙汰でした。

もう一回、久しぶりに試してみようかな・・・

\応援クリックが励みになります/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ