日用品

最小ミニマルエコバッグを発見しました【7月からレジ袋有料化】

極小エコバッグ

2020年7月からレジ袋有料化が始まります。

スーパーマーケットでは既に有料のお店が多いですが、コンビニや衣料品店などではまだ無料ですよね。

4月からはユニクロ・GUも紙袋になり、かつ有料になるようです。

これからはどこに買い物に行くにしても、エコバッグを持ち歩かないとお金がかかりそうです。

エコバッグ、お買い物が目的の場合は忘れませんが、急にお買い物をする場合は持っていないので、よくレジ袋を買う羽目になっていました。

そこで、常に持ち歩く習慣にすべく、持ち歩きやすいエコバッグを探し求めていました。

こだわったエコバッグの条件
  • どんなミニバッグにでも入るほどの小ささ
  • 簡単にたためる
  • 収納袋とバッグが一体型(別だと絶対なくすから)
  • 防水・頑丈・軽い
  • シンプルなデザイン

そして、やっと最小エコバッグを見つけることができました。

最小ミニマルエコバッグを発見しました【7月からレジ袋有料化】

私が購入したのがこの2種類。

NANO BAG と  HUNG BAG

どうでしょう、かなり小さいサイズ感です。

 

NANOBAGがこちら↓

NANOBAG

ブルー・ブラック・グレーの3色
NanoPack(14L)・NanoBag(18L)の2サイズ展開
サイズ:43×60cm
収納時:6cm×7cm
重量:22g
素材:リップストップナイロン
耐荷重25kg
容量18L

広げるとこんな感じ。肩掛けに便利そうな、持ち手がゆったりとしたデザイン。

収納袋と連結。これが大事!これなら絶対に無くさない。

牛乳、バナナ一房、野菜を入れた感じ。かなり収納力があります。

 

続いてHUNGBAG

HUNG BAG

ブラック・ホワイト・蛍光イエローの3色
サイズはSMLの3展開
Lサイズ:26cm×53cm
Lサイズ収納時:7.5cm×4.5cm
素材:リップストップナイロン

S・Mサイズと比較しましたが、畳んだ時にそこまでサイズが変わらなかったのでLサイズにしました。

蛍光イエローがカバンの中で目立ちそうだし、普通に色としてかわいい。

カラビナが付いてるので、キーホルダーとしてカバンに付けておくことも可能。

広げるとこんな感じ。完全にコンビニ袋と同じ形です。

カラビナに鍵などをつけてみました。袋も伸縮性があって収納しやすい。

牛乳・バナナ・野菜を入れた感じ。

マチが四角くて入れやすい!

 

ぐしゃぐしゃに収納すると、少し厚くなっちゃうけど↓

どっちの商品も小さくて機能性が良い。

肩がけしたい時は大容量のNANOBAG、普段ならカラーの可愛いHUNGBAGがお気に入り。

どちらも洗えるし、おしゃれで丈夫。メンズでも使えるかっこいいデザイン。頑丈撥水性なのでアウトドアでもバッチリ使えそうです。

1つは夫に使ってもらおうかな。

男の人ってエコバッグあまり持ち歩かないですよね。

これくらい小さければ、会社のカバンに常備してても良いですよね。

すごくお気に入り、これから毎日持ち歩きます。