手放す

バスマットを手放しました。

お風呂場のバスマット、今までは「なくてはならないもの」だと思っていました。

でも、よく考えると、そこまで必要だったのか。

バスマットを使用する頻度

・夜、入浴の後
・朝、シャワーの後(夫のみ)
・浴室掃除の後
・足を洗った時

ざっと考えると、頻度はこれくらいです。

毎日使っているものですが、タオルで代用できるのでは?と思いました。

バスマットを手放しました。

今人気の珪藻土のバスマットを使用していましたが、お手入れとしては紙やすりで表面を削る作業が必要になります。

つまり、このお手入れのために紙やすりを所有する必要があります。

4人家族ともなると、けっこう表面が汚れるんですよね。

2ヶ月もすると、水分をだんだん吸収しなくなっていきます・・・。

このお手入れがまた面倒で、夫も面倒くさがって手伝ってくれません。

お手入れをどっちがするのか、やりとりをすることすら面倒なのです。

そしてマットをあげて掃除機をかけなくてはいけない。

マットを無くせば、洗面所まわりも常にスッキリ、お手入れの手間も要らない、掃除機もスイスイ。

バスマットのメリット

・お風呂上りに快適に足が拭ける

バスマットのデメリット

・掃除機をかける時邪魔
・まめにお手入れをしないと不潔
・管理に手間がかかる
・使用していない時にも場所をとっている

このように、お風呂上りの一瞬の便利さのために、他の時間・場所を奪っていると気づきました。我が家ではマットを撤去して生活してみましたが、慣れれば快適です。

お風呂場で体を拭き、出る時にそのタオルで足と床を拭いて洗濯カゴにGOです。

子供とお風呂に入る時も同じです。

浴室のサッシまわりも汚れが溜まりづらく、いいことだらけでした。とてもオススメします。

バスマットを撤去した浴室。スッキリ〜!
\応援クリックが励みになります/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ